前へ
次へ

大切なペットと賃貸マンションに住む方法

一軒家であれば堂々とペットと共同生活をする事ができますが、賃貸マンションの場合はペットを許可している

more

賃貸マンションに人気が集まる時代の背景

現在は、一戸建てよりも、賃貸マンションに需要が高まっている時代でもあります。一戸建ては、近所づきあい

more

すぐに利用できる賃貸マンション

出張などで別の地域に行く場合は、現地で生活するための部屋を用意しなければいけません。そういう時に賃貸

more

いまさら聞けない賃貸管理とは

賃貸管理は業務内容がはあまりに幅広いため、具体的に理解するのは実は簡単ではありません。わかりやすくするために、賃貸管理をハード面とソフト面に分けてみるのもひとつの方法です。まずハードというのは建物に物理的に関連する分野で、ソフトというのは主にマネジメントに関連する分野ととらえましょう。ハード面で必要となる管理業務は、日常的な清掃や植栽の世話、建築設備に課せられる定期検査や各種点検などがあります。一方でソフト面で必要とされる業務は、入居者の更新や解約の手続き処理、家賃の入金確認や各種クレーム対応などがあります。どちらとも言えない業務や、双方がすべき業務などもありますが、強いて言えば建物や設備のほうを向いているか、それとも入居者や計画のほうを向いているかという違いになるでしょう。いずれにしても双方とも非常に重要な業務であり、例え掃除であってもあなどることはできません。例えば賃貸マンションを清潔に保つことで、入居者に快適な生活環境を提供することは非常に重要ですし、それが空室リスク対策に直結する場合もあります。また、エレベータなど設備があれば保守点検が必須ですし、建築基準法や消防法に則った法定点検の実施は重大な義務です。建物は経年劣化しますので随時修繕が必要ですし、資産である物件を守るために必要な費用は中長期で計画を立てなければなりません。つまり賃貸管理のハード面は結局ソフト面にも影響を与えますし、当然経営にも大きく響く業務と言えます。一方でソフト面がきちんとしていないと、いかに美しく快適な物件であっても経営はうまくいきません。具体的には入居者の管理業務が全般ですが、賃貸借契約や空室募集活動、家賃の回収と滞納の督促など運営に深くつながる業務ばかりです。人が複数住んでいれば、なにかしらのクレームや近隣トラブルが起こるリスクは避けられませんし、速やかに解消しなければ経営を破綻させる火種にもなりかねません。コミュニケーションスキルが必須と言われる業務でもあり、何より関係者全員に納得感を与える説得力が求められる難しさもあります。こうしたハード・ソフト両面から適切な運営をするために必要な業務すべてが、賃貸管理であると言えます。物件の規模にもよりますが、オーナー一人で完結できる仕事ではありませんので、精通したプロの会社をパートナーとするのが一般的です。

全世界で破砕システムを導入してる実績と信頼があるSSI

実践することで経営力・組織力向上につながります

SEO対策もお任せください
ホームページ制作だけではなく、アクセスを伸ばす手段も提供しています。

保険のプロに相談しよう
みんなの笑顔に在籍している専門のファイナンシャルプランナーに無料で保険の相談ができます。

ディスクファクトリーのデザインパック
DVDプレスとデザインが一緒になったお得なサービスも提供しています。

Page Top